わかる!トウシューズお役立ち説明書

お役立ちの情報を多数掲載中!トウシューズについての詳細情報を多数揃えています。

トウシューズ選びは自分の足の形のチェックから

トウシューズを効率的に選ぶためのコツとしておすすめなのが、次のポイントを押さえた選び方です。それは自分の足のサイズに合いそうなボックスの形のシューズを選ぶことです。一般的に自分の足の形が人差し指が最も長いような形の方は先細タイプ、親指が一番長い方や親指から第三趾までの長さが同じという方は四角いタイプのトウシューズが適していると言われています。ただ、人差し指が一番長い人の場合でも指の長さにあまり差がないと言う人の場合は、四角いタイプが良い場合もありますので、まずは、自分の足の指の長さがどうなっているかをチェックしてみましょう。目安としては、足の付け根の上から見た幅の広さと足先の幅の広さとの差が大きいか少ないかで判断するのがおすすめです。その上で、自分の足に出来るだけ近い形のトウシューズを探すようにすれば、失敗が少ないでしょう。

トウシューズときれいな衣装で可愛いバレリーナ

最近バレエを習う子供が増えていると感じます。わたしの周りにも、4人バレエを習っている子がいます。バレエをやっていると、スタイルが良くなるのでしょうか。なぜかわたしが知っている子は、みんな顔が小さくてほっそりした子ばかりです。姿勢がよくなるのは間違いないですよね。わたしも子供にバレエを習わせてたいというおもいはありますが、残念ながらわが家は男の子しかいないので、バレエには全く興味がないようです。ときどきママ友と一緒に発表会に行かせてもらいますが、トウシューズを履いて、きれいな衣装を着て踊る姿は本当に可愛いです。髪もきっちりお団子にして、まさに小さなバレリーナという感じです。ダンスも学校で習う時代ですし、もしかしたらいつか学校でバレエを習う日が来るかもしれないですね。みんなの姿勢が良くなりそうなので、それもよい考えかもしれません。

トウシューズは甲の高さに合ったものを選ぼう

自分の足に合ったトウシューズを選ぶために大切なことは、自分の足の甲の高さと足の厚みがトウシューズ自体の厚みとマッチしているかを見極めることです。それを見極めるポイントとしては、シューズを横から見た時の履き口の高さや、先端部分から履き口までの角度をチェックしてみることです。そして、足の甲が高めの方は、この角度や高さが高いシューズを選ぶようにし、逆に甲が低い方は低いシューズを選ぶようにすると履き心地の良いものを選ぶことができるでしょう。日本人は甲が高い人でも欧米の国々の人に比べると相対的に低い方になるので、低めのシューズを選ぶようにすると良いでしょう。ただ、低いタイプのトウシューズというのはなかなか出回っていない場合が多いので、どうしても最初は高めのシューズを選んで、履きつぶすことによって低くしなければいけないのが現状のようです。